プログラミング備忘録

忘れない様にメモ

*

低品質のサイトからリンクされていたので対応策を調べてみた

   

久々にSEO関係の記事を書いてみる。

普段はほとんどやらないのだが、久しぶりに被リンクのチェックツールを試してみた。

チェックしてみると・・・
「あ、なんか以外に多いな」と思った。
へ〜結構リンクされているんだな〜と喜んでいたら・・大間違い。

リンク元が出るので、ちょっと覗いてみた。

ショック!!!

いかにも自動記事作成ソフトで作ったであろう、意味不明の記事ばかりのサイトだ。

悪意のあるリンク

「サイトの検索順位を下げる目的でされる悪意あるリンク」

聞いた事は何度もあるが実際に自分のサイトがやられているとは!
いわゆるワードサラダと呼ばれているものですな。

ワードサラダ(word salad)「文法はあっているが日本語としての意味を成していない」自動ツールで生成されたテキストコンテンツ

こんなサイトからリンクされている場合、グーグルからどう見られるかというと、

自動ツールで作成した記事で構成するサイトを作って、そこから自分のサイトへリンクを飛ばしている。
被リンク目的の悪質行為だ。

と思われても仕方がないという事になる。

すぐに対応しなくちゃ

対応はSearch Consoleの

検索トラフィック→サイトへのリンク

へ行って確認したあと、

以下のURLのリンク否認ツールを使います。

https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

 

まとめ

うちサイトは大丈夫と思ってないで、定期的に色々チェックしないとだめですね。

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人が役に立ったと言っています。

 - SEO