googleアナリティクスで自分のブラウザからのアクセスを除外する。

googleアナリティクスを使っていると、自分のアクセスは計算しないでほしいと思いますよね。なので作業用の特定ブラウザからのアクセスはカウントをさせないやり方を紹介します。
こちらを参考にさせていただきました。)

googleアナリティクスで自分のブラウザからのアクセスを除外する方法のひとつ。

 

作業用の特定ブラウザのローカルストレージに適当な値をセットして、その値があるかどうかで、googleとの通信をさせるというやり方。

該当サイトを表示させた状態でURLに

を入れてアクセスするとローカルストレージに登録される。
(コピぺすると太字の部分「javascript:」は消えるので手書きで。)

 

登録したローカルストレージを確認する手順(firefox)

ツール→Web開発→開発ツールを表示

開発ツールを表示させ右上の設定(歯車マーク)を開く。

スクリーンショット 2016-04-01 13.15.03ストレージにチェック

スクリーンショット 2016-04-01 13.15.31 スクリーンショット 2016-04-01 13.15.03ツール→Web開発→ストレージインスペクタ

と表示されるようになる。

ここで設定したローカルストレージが確認できる。

スクリーンショット 2016-04-01 13.21.50googleトラッキングコードを編集

トラッキングコード後半を次のように書き換える。

wordpressでの注意:
All in One SEOを使用していて、「GoogleアナリティクスID」を設定していると、そちらが優先されて自身を除外するスクリプトが無効になるので要チェック。

追記:

firefoxでクッキーを全部削除したら、ローカルストレージの値も消えたみたい。

もう一度セットし直した。

 

以上「googleアナリティクスで自分のブラウザからのアクセスを除外する」の記事でした。

コメント