プログラミング備忘録

忘れない様にメモ

*

バックアッププラグインBackWPupのインストールで真っ白に

   

https化の準備としてバックアップを取るのにプラグインBackWPupを使っている。
いくつかのサイトはこれを使って普通にバックアップがとれたがこのサイトだけBackWPupをインストールしたら画面が真っ白になってしまった。

 

エラーメッセージを表示させる

まず何が起きているのか知りたいのでPHPのエラーメッセージを表示させるようにする。

WPがインストールされているディレクリtにwp-config.phpがあるのでそれをダウンロードして編集する。

define(‘WP_DEBUG’, false);

こういう記述があるのでfalseをtrueに変更して保存。アップロード、上書きをする。

すると大量のStrict Standardの警告が出た。

Strict Standardを消す

Strict Standardは重大なエラーメッセージじゃないのでとりあえず放っておく。

だけど大量に表示されているとうざいので、消す作業をする。

もう一度wp-config.phpをダウンロードして編集する。

ini_set(‘error_reporting’, E_ALL | ~E_STRICT);

これを先ほど変更した箇所のすぐ下に挿入して保存。アップロード、上書きをする。

Strict Standardはは消えた。

PHPのバージョンの問題

残ったエラーメッセージをググってみるとPHPのバージョンの問題という可能性があるのを知った。

ロリポップのコントロールパネルへ行く。

 

「サーバーの管理・設定」→「PHP設定」へ行く。

みてみると問題のサイトのPHPバージョンだけ5.4のままだった。

バージョンを変更する。

7.1まで上げられるが、とりあえず5.6にしてみる。

とりあえずBackWPupをインストールは成功

どうやらPHPバージョンの問題だったようだ。

管理画面に入れるようになった。

ただまだ問題があってこの記事を書いていて下書き保存をするたんびに、エラーが出る。

Warning: Cannot modify header information – headers already sent by (output started at /home/users/2/oops.jp-little-wing/web/root/wp/wp-includes/functions.php:3888) in /home/users/2/oops.jp-little-wing/web/root/wp/wp-admin/includes/misc.php on line 1126

Warning: Cannot modify header information – headers already sent by (output started at /home/users/2/oops.jp-little-wing/web/root/wp/wp-includes/functions.php:3888) in /home/users/2/oops.jp-little-wing/web/root/wp/wp-includes/pluggable.php on line 1219

「Cannot modify header information – headers already sent」これは見慣れたエラー。

エラー表示をさせたときに出るやつ。

エラー表示をやめる。

define(‘WP_DEBUG’, true);

さっきのこれ。trueをfalse戻して保存。アップロード、上書きをする。

あっけなく解決。

やっと本題のBackWPupプラグインの設定に入れる。

 

BackWPupプラグインの設定

インストールするとwp管理画面左メニューに「BackWPup」が出てくるので、そこから「新規ジョブを追加」へ。

 

まずは「一般」から

ここで設定するのは
●「このジョブの名前」
適当な名前をつけよう。
●アーカイブ形式
windowsはZip
macはTar GZip
を選択。

●バックアップファイルの保存方法
「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れる

これら以外は初期設定のまま、さわらずに「変更保存』

次は「スケジュール」

●ジョブの開始方法
「WordPress の cron」を選択。
●スケジューラー
希望の期間を選択
僕は1週間にした。

これら以外は初期設定のまま、さわらずに「変更保存』

次はDBバックアップ

●バックアップするテーブル
必要なものにはすでにチェックがついているのでそのまま
●「バックアップファイル名」
初期状態のものから変更したい場合は変更。
●「バックアップファイルの圧縮」
これもお好みで。

以上で「変更保存』

次は「ファイル」

基本的にはテーマのバックアップだけ設定すればいいだろう。
「twentythirteen」など使ってないテーマのバックアップは必要ないので除外しておく。

以上で「変更保存』

ここまでで必要な設定は完了。

 

バックアップを実行

管理画面左メニューの「BackWPup」から「ジョブ」へ。

さっき「プログラミングバックアップ」と名前をつけたジョブが出来ている。

「今すぐ実行」をクリック。
バックアップを開始する。

このサイトの場合は2〜3分で出来た。(情報量による)

バックアップファイルをダウンロード

管理画面左メニューの「BackWPup」から「バックアップ」へ。

バックアップしたものが出来ている。

マウスオンで「ダウンロード」が出てくるのでダウンロードする。

これで完了です。


以上「バックアッププラグインBackWPupのインストールで真っ白に」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - WordPress