ベンチャーとアドベンチャーの違いって?

adventure_w500
似ているけど、使い方はまったく違うベンチャーとアドベンチャー。

カタカナ英語として日本で使う場合、ベンチャー企業と冒険者(アドベンチャー)のように全然違う意味で使われているこの二語。

本来の英語での意味はどうなんだろう。気になってしまったので調べてみます。

まずベンチャーについて

たとえば「ベンチャー企業」よく聞くことばだが、いまさらながら意味を調べてみた。

起業、新規事業などと説明されていて、ようするに新しく事業を立ち上げる会社。

「ベンチャー」自体は、「投機的事業」「投資対象の新規開発事業」「リスクを伴う試み」などを意味する英語のベンチャー(venture)のこと。

普通の会社でも立ち上げるにはリスクは伴うはずだが、「ベンチャー企業」の場合は普通よりも大きなリスクを伴う。
こんな理解でいいんじゃないだろうか。

(補足:ベンチャー企業は日本語、英語ではstartup businessといいます。)

英語圏でのventureは先ほど説明した「投機的事業」「投資対象の新規開発事業」「リスクを伴う試み」など広い意味に使われるそうです。

「虎穴に入らずんば、虎児を得ず」
英語では“Nothing ventured, nothing won(または、gained)”
この場合のventureは「冒険」ではなく「リスクを伴う試み」というニュアンスなんですね。

和製英語としてのベンチャーの由来

和製英語としてのベンチャーは1970年に元法政大学総長の清成忠男氏と元専修大学教授の中村秀一郎氏によって生み出されました。

当時のベンチャービジネスは「研究開発集約的、またはデザイン開発集約的な能力発揮型の創造的新規開業企業」という定義づけになっていて現在とはニュアンスが違います。

アドベンチャー

みなさんご存知のアドベンチャー adventure。

ベンチャー(venture)とアドベンチャー(adventure)の違いをみてみましょう。

アドベンチャーはピンポイントで「冒険」という意味。
さらに「冒険家」はadventurer アドベンチャラーといいます。あまり日本では馴染みのない言葉ですね。

ちなみに探検家はexplorerエクスプローラーという言い方をします。

和製英語としてのベンチャー(venture)はアドベンチャー(adventure)のadを取ったもので、ベンチャー企業の事を指すと考えていいでしょう。

冒険 adventure
探検家 explorer
冒険家、投機家 adventurer

日本では

日本ではベンチャーと言えばビジネスの世界でしか使われませんよね。ちょっと硬いイメージ。

アドベンチャーはどうでしょう。

冒険に関連する映画などに使われる言葉、あるいはディズニーランドなどのアトラクションに使われる言葉でしょうか。

インディージョーンズはまさにアドベンチャーですよね。

indyjones01

まとめ

ベンチャーはビジネスの世界でしか使われない言葉。

リスクを承知で新しい試みをするビジネスをする会社というイメージ。

アドベンチャーは映画、ゲームの世界でお茶の間に浸透している言葉というイメージ。

似ている言葉ですが意味も違うし使われる場所も違いますね。

(あくまで和製英語としての考察です)


以上「ベンチャーとアドベンチャーの違いって?」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

コメント