Macに標準装備のApacheとPHPを使ってみる

ローカルサーバーはずっとMAMP を使っていたんだけど、ここらでMacに標準装備のApacheとPHPを使ってみる事にした。

Apache起動

ターミナルを立ち上げて

sudo apachectl start

passwordを要求される。

macにログインするときのパスワードを入れるんだけどなんにも表示されないので不安になるがちゃんと打っていれば[Enter]で入れる。

スタートしているかの確認はブラウザでhttp://localhost/でアクセスすると

It works!

と出て確認出来る。

表示しているファイルはindex.httml.enで場所は次の通り

 

試しにDocumentsディレクトリに「test」というフォルダーを作りindex.htmlを置いてテストしてみた。

Apacheの停止・再起動

ちなみに、Apacheの停止・再起動のコマンドは以下のとおり。

Apacheの停止コマンド

sudo apachectl stop

Apacheの再起動コマンド

sudo apachectl restart

PHPの起動

ターミナルでapache2へ移動してhttpd.confファイルを修正する。

念のため、まずはバックアップを「httpd.conf.bak」という名前で作っておく。

viエディターを使ってファイル操作をする。

viエディターの使い方はこちらでviエディターコマンド

sudo viで開かないと簡単に保存出来ないから注意。
LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.soを検索してコメントアウトを解除する(行頭の#を削除)

phpのバージョンはそれぞれの環境によって違う。

High Sierraだとバージョンは7。

修正して保存したらアパッチを再起動。

macのDocumentRootは/Library/WebServer/Documentsなので、そこにphpinfo()ファイルを置く。

ターミナルでviを使って作成。

 

アクセスすると

phpが使えるようになりました!